東パミール(中国)2010

パミール高原    Pamir moutains

タジク語で「世界の屋根」を意味するパミール高原。日本語で高原というとそこそこの標高の台地で洒落たペンションが所々建ち、高山植物が夏に咲き誇り、休日にはハイキング客が大挙してくる。そんなラグジュアリーなイメージを打ち砕く高原がパミール高原だ。日本の高原とパミール高原は全く異なるものと考えていい。パミール高原は平均標高5000mというとんでもない高地なのだ。したがってパミール高原の大部分は森林限界を超えているため草木がほとんど生えず居住には不可能な荒地又は風雪に閉ざされた氷の山岳で、人間が住む村や道路はそんなパミール高原の中の極々低地のわずかな部分のみとなる。それでも標高3000mぐらいところなのだ。残りの大部分は人間が住むには困難ではあるが草が生えるところまでは遊牧民の一部が生活している。広さも日本の高原のイメージと異なる。タジキスタンの東部のほとんどを中心に中国のカシュガルの手前、アフガニスタンの一部を含む。Tht true saze of というサイトで日本と比べると本州を縦断するほどの面積がある。

なおこの地図ではカシュガルは喀什と表記される。この地図をみると大体ではあるが関東から北陸地方を合わせたぐらいの面積になるのでは思われる。したがってパミール高原は高原というより山地といった方が日本人のイメージに合うと思う。実際に英語でもPamir mountains となっている。

シルクロードとパミール高原

シルクロードの主要路で中国のタクラマカン砂漠の南に西域南道、北に天山南路がありこの二つがタクラマカン砂漠の西で合流するところにカシュガルがある。このカシュガルから西の中央アジアに抜けるにはやはりどうしてもパミール高原が大きな障壁となる。したがってパミールを避けるように北から迂回してサマルカンドに抜けるルート、もう一つはパミールの南からフンザを経由してイスラマバード、カブールと抜けるルートがある。

(出典 https://www.club-t.com/sp/special/abroad/silk-road/spot/ )

地図では地名が書いてないがパミール高原の下に走るルートがそうだ。この南の迂回路は後で出てくる山岳地図を見ると本当に複雑な地形の山間をかいくぐるように抜けている。

 大きくここの複雑な地形を見るに、パミール高原の下にカラコルム山脈が連なっているのだが、その間に滑り込むようにヒンドゥークシュ山脈の東端が来ている。

(出典 https://ameblo.jp/worldhistory-univ/entry-12619543205.html )

 そしてこのルートはカシュガル(kashgar)(地図では右上のピンク丸)からまずパミール高原の中のコングール(kongur)山の北麓から這い上がってくる。地図で見るとパミールという高い壁の限られた小さい穴から侵入していくようだ。それはまるでパミールという人を寄せ付けない自然の領域の外壁を神が油断して壁を作り忘れたかのようにもみえる。 コングール、ムスタグアタ(Muztagata)の両山とsarykol山脈に谷間をタジク人の町タシュクルガン(Tashkurgan)(地図では青丸)まで向かう。ここからクンジュラブ峠(khunjerab pass)(地図では右下の赤丸)に向かうのだが、この時の道の西側、つまり中国とパキスタンの国境の山脈はパミール高原からヒンドゥークシュ山脈の東端に切り替わっている。クンジュラブ峠の南はカラコルム山脈が伸びている。つまり国境線でいうと、大体ではあるが中国タジキスタン国境はパミール高原で中国パキスタン国境のクンジュラブ峠まではヒンドゥークシュ山脈と考えていいと思われる。ルートは下のリンクの大きい地図を参考にした方がより分かりやすい。

(出典 パミールの大きい地図 https://www.pamirs.org/images/maps/pamir-gr.jpg )

ものによっては、クンジュラブ峠はパミール高原と書いてあるものもあるようだが、地形的にはこの峠はヒンドゥークシュ山脈とカラコルム山脈という二つの極高地の挟まれた峠であって、少なくとも狭義ではパミールではないと思われる。そして地形を地図で見ると本当に山間を縫うように回り込んで峠越えをしていると分かる。そして峠越えといってもクンジュラブ峠は標高4655m。低いところの間隙を突くといってもとんでもない標高でいかに昔は隊商の峠越えが大変か何となくわかる。

なお、このパミールの南を走るシルクロードは現在カラコルムハイウェイとしてだいたい同じルート上をイスラマバードからカシュガルを結んでいる。カラコルムハイウェイというとどうしてもパキスタン側を指すと思いがちではあるが、中国のカシュガル側も含む。

東パミール      Eastern Pamir

地形的にはタジキスタン側のパミールの一部とコングール山あたりを東パミールという。しかしタジキスタンと中国間は自由に行き来できず、今回は中国側のパミールの写真の紹介となる。カシュガルからタシュクルガン間の広大なパミールの風景だ。ここで見る山岳地帯というのは日本の山岳地帯とちがって3000m越えの標高にも関わらず、積雪があまりない。これは極度に気候的に乾燥していて日本の湿度の高い気候と全く異なるため形成されたためと思われる。これだけの高地であるにも関わらず砂漠のような光景もあり、雪を少し被った山と砂漠、場所によっては河川と雪の間に砂漠、雪山に完全に干上がった河など、熱いのか寒いのか良く分からない、乾燥しているのかしてないのかどっちなんだろうといった不思議な感覚になる光景に目を奪われる。日本の山の麓は山からの雪解け水や湧水が常にあり河が流れそして瑞々しい緑が生い茂り、といった日本の基本概念とは全く異なる世界となっている。

このような厳しい環境で暮らすのは遊牧を主にするタジク人やキルギス人。水が確保できる一部の土地では作物を育てているようだ。日本で標高3000m超えというと森林限界を超え、植物は高山植物のみで木はなく岩だらけの世界となり、一年の半分近くは雪で覆われる。しかしパミールでそうならないのは、乾燥地帯で雪そのものが少なく緯度が日本に比べ低いことが関係していると思われる。なお東アジアから南アジアで雨季の原因となるモンスーンはこのエリアまではあまり届かないらしい。

「世界の屋根」を意味するパミールは過酷な自然環境となる極限ともいえる生活環境だ。生存高度ギリギリのところで生活するタジク人やキルギス人は、このような大自然の光景の中を当たり前に生活している。日本人からすると圧倒されるスケールの山岳美はもちろん彼らからすると日常の一部にすぎない。昔のシルクロード交易時代は村から村に移動する際には予想外の自然の出来事に時には巻き込まれることもあったはずだ。過酷な自然の脅威というリスクもある時代に自分の村から離れて向こうの王国に商品を、というのは遊牧魂がもたらした自然の中で生きていく本能が可能にしたのかもしれない。昔のシルクロードの足跡を地図で追いながら自然と生まれた複雑なルート、一見緻密な計算で作ったかのように見えるがこれは極限で生きていける村の拠点を結んだに過ぎない。世界の屋根の谷間を縫うようにできたルート、地図ではこれしか選択肢がないとも思われる絶妙なシルクの道は、人間の生活極限で自然と編まれた一筋の美しい糸のようでもある。

ホムペの方もよろしく   https://asahikotaka.com/

0
Asahiko Takahashi
  • Asahiko Takahashi
  • Photographer & Doctor 日経ナショナルジオグラフィック写真賞2019ピープル部門 最優秀賞受賞。少数民族やその祭りなどに興味を撮影を行っている。主なフィールドはシーク教、遊牧民、北ベトナム、雲南省、貴州省、チベットエリアなど。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA