月別: 2019年6月

ブハラ(ウズベキスタン) ウズベキスタン

ブハラ(ウズベキスタン)

Bukhara ブハラ  ブハラはウズベキスタンを代表する観光地の一つ。実をいうとウズベキスタンは今回で3回目、最初に訪れたのは20年近くも前のことだ。その頃の記憶も微妙だけど、お洒落なホテルなどや土産物屋などはほとんどなかったような気がする。当時はホテルも旧ソ連時代の古いものばかりでお湯が出ない、…
三賢者祭(インド) インド

三賢者祭(インド)

東方の三賢者  東方の三賢者と聞いて何のことかわかる日本人は少ないだろう。実をいうと今回のこの祭りに行くと決めるまで自分でさえも知らなかった。キリスト文化が希薄である日本ではあまりなじみがないが、キリスト教が根付いている国々にとってはキリスト誕生にまつわる重要な宗教行事の一つなのである。  イエスキ…
ビジャープル(インド) インド

ビジャープル(インド)

Bijapur   ビジャープル  インドに行くと日本ではガイドブックにさえ乗らない無名でも時々予想外にとんでもなく素晴らしい建築物に出くわすことがある。事前にネットで一応外観は分かってはいたけど実物を見ると予想をはるかに超えてしまい見とれてしまうような。そんな歴史的建…
ナーンデード(インド) インド

ナーンデード(インド)

Nanded  ナーンデード  インド、マハーラーシュトラ州のナーンデードは周りにヒンズー教徒、イスラム教徒が住むインド中央部では異質的な存在でここだけがパンジャブ州のごとくシーク教徒のターバンで埋め尽くされている。ここにおいては「ナマステ」ではなくパンジャブ語の「サテシリアアッカ―ル」と…
シャン州(ミャンマー) ミャンマー

シャン州(ミャンマー)

Shan Stateシャン州   ミャンマーのシャン州はヤンゴン、パガン、マンダレーに次ぐ人気観光地インレー湖を擁する州だ。もちろん見所はインレー湖だけにはとどまらない。今回の目玉であるシャン族の新年祭の撮影を終えてシャンの面白そうな所を回ってみることにした。  最近人気のカックー遺跡というのがある…
シャン族新年祭(ミャンマー) ミャンマー

シャン族新年祭(ミャンマー)

Shan シャン族   ミャンマーのタウンジーは、ミャンマー第五位の都市でありシャン州の州都でもある。したがってあくまでもミャンマー的には大都市だ。もちろん国際的にみると田舎の街に過ぎないのだけれども。街の市場をのぞくと、屋根のない路上で多くの商いが行われているが、これでも毎日開催されているのでミャ…
理塘の競馬祭(中国) 中国

理塘の競馬祭(中国)

Litang 理塘  理塘は四川省の中で西に位置する川蔵公路の要所。標高は富士山より高い4014mもあり世界で最も高い場所にある街の一つとされている。四川西部では最も大きな街であり、外国人にとっては何よりも夏に行われる大規模の競馬祭で知られている。この競馬祭が今回の四川のメインイベントだ。実は去年に…
新都橋の結婚式(中国) 中国

新都橋の結婚式(中国)

Xinduqiao 新都橋  新都橋は、四川の成都からチベット自治区のラサを繋ぐ川蔵公路(南路)上にあり、位置的には康定と理塘の中間ほどにある。康定と理塘間の移動の寄り道にはちょうど良い距離だ。そして何よりここにはチベタン風の家屋が結構残っているので、街並み散策にうってつけの場所だ。康定と理塘の二つ…
塔公(中国) 中国

塔公(中国)

Chorten  チョルテン  2018年の夏は理塘に行くと決まった。川蔵公路(南路)というのがあり、これは四川の成都からチベット自治区のラサを結ぶ標高3000mから4000mぐらいのチベット高原を走り抜ける天空の大動脈だ。これに沿って成都から西にひたすら走る。しかし、どこか面白そうなところで寄り道…
モアツ(インド) インド

モアツ(インド)

Ao Naga アオナガ族 ナガランド州のMokokchungはナガ族の一支族であるアオナガ族(Ao Naga)のエリアだ。ナガ族はインドからミャンマー国境付近まで分布するモンゴロイドの少数民族。見た目でいうとかなり日本人に近い。様々な民族の住むインドの中でも最も日本人に近いような気がする。ラダック…