カドゥルガ フェス(トルコ) トルコ

カドゥルガ フェス(トルコ)

カドゥルガ      Kadirga  カドゥルガ(Kadirga)、この地名を知っている人はまず日本人ではよほどのことがない限りいないだろう。山の奥の方にあって普段は全く何もないところなのだ。もちろん普段はトルコ人でさえ観光にわざわざやってくること…
龍隱寺道教祭(台湾) 台湾

龍隱寺道教祭(台湾)

道教 Tao  世の中には様々な宗教が存在するが、祭典でここまで自分の期待をいい意味で裏切ったというのは中々ない。台湾では道教が最もメジャーな宗教であって国民の信仰もそれなりに篤い。媽祖様という台湾で有名な航海、漁業の女神様がいるが媽祖様も道教の神様の一人である。老子、荘子も神格化していることから当…
マヤスビ(台湾) 祭り

マヤスビ(台湾)

ツォウ族 Tsou 現在の台湾において有数の観光地であり、お茶の産地とされる阿里山。ここはツォウ族の住む高山森林地帯だ。ツォウ族は独特の父系社会をもっている。集落に行くと分かるが中心に広場があり、片隅にグバ(庫巴、kuba)と呼ばれる高床式の大きな木の家がある。ここが男子会所つまりここで各氏族の長老…
ナッカドー(ミャンマー) ミャンマー

ナッカドー(ミャンマー)

ナッカドー Nat Kadaw この世界には現在もシャーマンと呼ばれる神と交信できるというなんとも不思議な人が存在している。もちろんそういうシャーマンが日常的に深く根付いている社会は伝統的文化が色濃く残っているエリアが当然多い。世界が近代化するにつれ、非科学的な文化は廃れつつある。そういった中で伝統…
タウンビョン祭り(ミャンマー) ミャンマー

タウンビョン祭り(ミャンマー)

ナッ神 Nat 世の中には不思議な神や信仰というのが存在するのだが、ミャンマーとて例外ではない。ミャンマーのほぼ全土わたって信仰されているナッ神もその一つだ。本来は現地の土着信仰であったのだが、現在においては仏教と混在してしまっている。その点においては日本の神仏習合と近いのだが、ミャンマーの場合はそ…
玉樹(中国) 中国

玉樹(中国)

玉樹 Jyekundo, Yushu 今から10年前の2010年4月に私にとって驚くほど悲しいニュースがネットから流れてきて心が鉛のように重くなった。青海地震だ。震源地の玉樹(チベット語 ジェクンド Jyekundo、中国語 ユーシュー Yu Shu)では家屋の90%が倒壊し、死者は統計的に2698…
アイダール湖&ブズカシ(ウズベキスタン) ウズベキスタン

アイダール湖&ブズカシ(ウズベキスタン)

Lake.Aydar アイダール湖  Lake.Aydarはサマルカンドから北に向かって車で半日ほどかかるキジルクム砂漠内にある湖。表記としてAydarkul(この場合日本語だとアイダルクルまたはアイダクルと表記される)とも書くが、kulはウズベク語で湖を表す。旅行記ブログだとアイダクルと書いている…
三賢者祭(インド) インド

三賢者祭(インド)

東方の三賢者  東方の三賢者と聞いて何のことかわかる日本人は少ないだろう。実をいうと今回のこの祭りに行くと決めるまで自分でさえも知らなかった。キリスト文化が希薄である日本ではあまりなじみがないが、キリスト教が根付いている国々にとってはキリスト誕生にまつわる重要な宗教行事の一つなのである。  イエスキ…
シャン族新年祭(ミャンマー) ミャンマー

シャン族新年祭(ミャンマー)

Shan シャン族   ミャンマーのタウンジーは、ミャンマー第五位の都市でありシャン州の州都でもある。したがってあくまでもミャンマー的には大都市だ。もちろん国際的にみると田舎の街に過ぎないのだけれども。街の市場をのぞくと、屋根のない路上で多くの商いが行われているが、これでも毎日開催されているのでミャ…
理塘の競馬祭(中国) 中国

理塘の競馬祭(中国)

Litang 理塘  理塘は四川省の中で西に位置する川蔵公路の要所。標高は富士山より高い4014mもあり世界で最も高い場所にある街の一つとされている。四川西部では最も大きな街であり、外国人にとっては何よりも夏に行われる大規模の競馬祭で知られている。この競馬祭が今回の四川のメインイベントだ。実は去年に…