India

三賢者祭(インド) インド

三賢者祭(インド)

東方の三賢者  東方の三賢者と聞いて何のことかわかる日本人は少ないだろう。実をいうと今回のこの祭りに行くと決めるまで自分でさえも知らなかった。キリスト文化が希薄である日本ではあまりなじみがないが、キリスト教が根付いている国々にとってはキリスト誕生にまつわる重要な宗教行事の一つなのである。  イエスキ…
ビジャープル(インド) インド

ビジャープル(インド)

Bijapur   ビジャープル  インドに行くと日本ではガイドブックにさえ乗らない無名でも時々予想外にとんでもなく素晴らしい建築物に出くわすことがある。事前にネットで一応外観は分かってはいたけど実物を見ると予想をはるかに超えてしまい見とれてしまうような。そんな歴史的建…
ナーンデード(インド) インド

ナーンデード(インド)

Nanded  ナーンデード  インド、マハーラーシュトラ州のナーンデードは周りにヒンズー教徒、イスラム教徒が住むインド中央部では異質的な存在でここだけがパンジャブ州のごとくシーク教徒のターバンで埋め尽くされている。ここにおいては「ナマステ」ではなくパンジャブ語の「サテシリアアッカ―ル」と…
モアツ(インド) インド

モアツ(インド)

Ao Naga アオナガ族 ナガランド州のMokokchungはナガ族の一支族であるアオナガ族(Ao Naga)のエリアだ。ナガ族はインドからミャンマー国境付近まで分布するモンゴロイドの少数民族。見た目でいうとかなり日本人に近い。様々な民族の住むインドの中でも最も日本人に近いような気がする。ラダック…
ナガランド(インド) インド

ナガランド(インド)

Nagaland ナガランド ミャンマーと接するナガランド州は文字通り、ナガ族の土地である。ナガ族はミャンマーにも分布するモンゴロイド系なので我々と見た目非常に似ている。肌の色も我々日本人に近いのでタイ人など他の一般東南アジア系よりもぐっと親近感がある。今回はコルカタから入国した。e-VISAの二回…
二ハングの生活(インド) インド

二ハングの生活(インド)

Nihang 二ハング アナンドプール(Anandpur)は第10代教祖グル・ゴービンド・シングの時代にシーク教の軍事組織カールサー(Khalsa)が創設された場所だ。そのためアナンドプール市内においては他の地域より二ハング(Nihang)と呼ばれるシーク教の戦士の姿が多い。しかし二ハングといっても…
アナンドプール(インド) インド

アナンドプール(インド)

Anandpur Sahib  アナンドプールサーヒフ アナンドプールサーヒフ(以下アナンドプール)はシーク教徒にとってとても重要な聖地の一つ。アムリトサルと双璧をなす一大聖地。総本山であるアムリトサルに主役は奪われているが、シーク教最大の寺院はこのアナンドプールにあるTakht Sri …
アナンドプールの結婚式(インド) インド

アナンドプールの結婚式(インド)

アナンドプールの結婚式 インドのパンジャブ州アナンドプールサヒフ(Anandpur Sahib 以下アナンドプール)近郊を車で移動していると多くの人が群がっている一角があった。派手な感じの布などでデコレーションされ賑やかな歓声が響き渡る会場は一見で結婚式と分かった。おおっ!これはシーク教徒の結婚式だ…
シルヒンド(インド) インド

シルヒンド(インド)

Punjab  パンジャブ  シルヒンドはパンジャブ州の州都であるチャンディーガールの近郊に位置している。デリーから早朝にチャンディーガールに向かう国内線ゲートを目指して歩いていくと、ターバンを被った男の比率が高い一角があった。パンジャブのことをご存知の方はお分かりだろうけど、パンジャブ州…
アルワルフェス(インド) インド

アルワルフェス(インド)

Alwar  アルワル  アルワルはラジャスタン州の北に位置し、デリーから南にわずか160キロほどだ。今回のラジャスタンはウダイプルに空路で入ってアジュメール、ジャイプールと北上し、そして最終の目的地であるアルワルで祭りを撮影することであった。ラジャスタンの祭りだとプシュカルのラクダ祭りや…